エンジニアは右脳を使え! ⑤ -Take Five

 

2022年06月29日

エンジニアは右脳を使え! ⑤ -Take Five

 

こんにちは、亜熱帯エンジニアです。

 

右脳を使ったら寝付きが良くなった』をテーマに、

 

右脳を刺激するものを紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、

 

Dave Brubeck Quartet の名曲 『Take Five』です。

 

 

 

Dave Brubeck (piano)
Paul Desmond (alto sax),
Joe Morello (drums),
Eugene Wright (bass)

 

 

 

5/4拍子が珍しいジャズの名曲です。

 

聞いた事があるサックスのメロディーですね。

 

作曲はこのサックスマン、ポール・デズモンドです。

 

サックス絶妙なトーンが気持ち良くて、ついつい顔がくしゃっとなります。

 

 

 

 

右脳ポイントとして、この曲のカウント(5/4拍子)の取り方ですが、

 

 

(1. 2. 3. 4. 5 、1. 2. 3. 4. 5…)

 

 

と普通に5カウント取るのも良いですが、

 

 

(1. 2. 3. 1. 2、1. 2. 3. 1. 2…)

 

 

3拍2拍で分けた方が取りやすいです。

 

 

 

実際にAメロのコード進行は、

 

E♭マイナー(3拍)とB♭マイナー (2拍)で構成されています。

 

 

 

 

 

 

5/4って拍を見失いやすいんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんも、自分を見失っていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココで、個人的にクールだなと思う所は、ベースです。

 

たった3音で成り立たせています。

 

カウントでいえば、4. 5. 1

 

 

 

ピアノのAメロリフ『ンジャッ、ンジャッ、コンケレコン』

 

の『コンケレコン』に重ねて『ボンボンボン』。

 

たったコレだけですが、めちゃくちゃクールです。

 

 

 

ってか、Bメロも含め、曲を通して4. 5. 1に太い音でひたすらハメています

 

 

 

 

みなさんも、ベース、口ずさんでみて下さい。

 

 

 

もう大人の仲間入りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://bass-life.net/archives/156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だめだこりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というワケで、

 

 

 

うちなーてっくではエンジニアを募集しております。

 

詳細はこちらをご覧頂き、ご興味のある方は是非ご応募下さい。

 

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

こちらもどうぞ